顧問弁護士の良い点

標準

顧問として法律上のサービスを提供してくれる弁護士がいない場合、法律上の問題が発生したあとに弁護士を探し、対応の可否や相談料などを確認したあと、お互いの日程を調整して面談、仕事の依頼をするという流れになります。
また、仕事を依頼するにあたり、弁護士に対して会社や個人などに詳しい事情を説明する必要があります。こうした作業は、意外と時間がかかるもので、問題によっては手遅れになってしまうこともあるでしょう。

顧問弁護士がいる場合、仕事を依頼するまでのすべてのことが完了している状態です。なにか問題が発生すればすぐに、優先的に対応してくれますし、法律上の問題が起こる前の段階で的確なアドバイスを受けていたことにより、問題自体が起こらずに済むようなこともあります。また、問題が起こってしまったとしても、大問題になる前に解決できる確率も、顧問弁護士がいるほうが高いです。

また、顧問がいない場合、法律上の問題が発生するたびに、会社の場合は社長や役員が対応に追われます。
これでは経営に専念することができなくなってしまう恐れがありますが、顧問弁護士がいることにより、法律上の問題の対応を任せることが可能です。これにより社長や役員は法律問題の対応に追われることなく、経営のみに注力することが可能になります。

参照《アディーレ プラス |顧問弁護士ならアディーレ法律事務所》