顧問弁護士って何?

標準

顧問弁護士とは、企業や個人などの顧問の立場で法律上の相談に対し助言を行なったり、法律上の問題解決をしたりする弁護士のことです。
企業や個人などは弁護士と顧問契約を交わし、顧問料などの弁護士費用を支払うことにより、定期的・継続的な法律上のサービスを受けることが可能になります。顧問料の相場は月額30,000~50,000円です。
なお、どういう仕事内容が顧問料に含まれているかは弁護士によって異なり、顧問料のなかに含まれていない法律上のサービスに関しては、別途費用を支払うことにより提供されるというのが一般的です。

顧問弁護士が行なう仕事内容は多岐にわたります。契約書類や利用規約の作成やチェック、債権回収の内容証明郵便の作成や送付、新規ビジネスの立ち上げに関するアドバイス、他士業の人など信頼のおける専門家の紹介、訴訟・紛争対応といった具合に、あげればキリがないほどあります。
弁護士によって強みのある仕事内容には違いがあるため、得意分野が自社や自分自身が依頼したい仕事内容にあてはまる弁護士で、経験・実績が豊富な弁護士を顧問として迎え入れることによって、大きなメリットが得られます。

こんなことまでやってくれるのかと思うようなことまで実際にやってくれることが多いため、何かお願いしたいことがある場合にはまずは相談してみることをおすすめします。
当サイトでは顧問弁護士の良い点・悪い点を別のページにまとめていますので、顧問弁護士をつけるかどうか決めるための参考にしていただければ幸いです。